新潟の住宅

新潟, 日本
写真 © Isamu Hirukawa
写真 © Isamu Hirukawa
写真 © Isamu Hirukawa
写真 © Isamu Hirukawa
写真 © Isamu Hirukawa
写真 © Isamu Hirukawa
建築家
石井大五+フューチャースケープ 建築設計事務所
場所
新潟, 日本
2004

写真:比留川勇

北側に素晴らしい水田の風景が広がる場所に立っている住宅。生活と環境との関係に配慮しながら、デザインした。

平たい1階の上に、3つのボックスが載っている。1階と2階では、自然との距離の取り方が異なっており、それが、用途の違いに対応している。

1階は、人の動きに対して、風景が平行になっている空間である。ここでは、風景は、皆が集う際の背景となり、あまり強く意識されない。建具を開けると、階全体が、皆で集うための大きなオープンなスペースになっており、長い連窓もその空間の水平性を強調する。

2階は、プライベートな空間になっており、風景に直交して配置することで、1階とは対照的に、風景を強く意識する。2階の各ボックスは、一軒家の雰囲気を持ち、それぞれ異なる材料で仕上げている。

東西南北の4方向に窓を持ち、さまざまな方向から、光と風が入って来る。各ボックスをずらして配置することで、光と風が最大限取り込めるようになった。ここでは、日常的な世界から距離を置き、風景と向き合いながら、自分だけのプライベートな世界をつくることができる。

3つの小屋の仕上と風景の現われ方の差で、各小屋の自然との距離感も変化する。

西の小屋は、シナ合板張りの抑えたつくりで、窓は使い勝手とのバランスで決めた。風景の見え方は素直である。

中央の小屋は、光の散乱する溶融亜鉛メッキ鋼板の空間を、目透し張りの板でくるんだ。小屋の切断面が額縁となり、景色が、絵のように鮮やかに切り取られる。

東の小屋は、鏡や全艶の塗料で仕上げた壁と天井に、ツキ板やじゅうたんといった保守的な材料が混ざる。仕上面への風景の映り込みで、虚像実像の境界は不分明になり、外部が室内に浸透する。

水平な1階に、小さな小屋を載せた構成は、圧迫感が少なく、向こう側の空へ視線が抜けて行く。自然に近い場所にふさわしい圧迫感のない形式を考えた。

外壁の素材や色は、新潟の昔ながらの建物によく使われるものである。地域との連帯感への配慮である。

http://www.future-scape.co.jp/g200303works/g200303worksimage/g2003f09houseinnigata/g2003f09houseinnigata.html

関連したプロジェクト

  • Herman Miller National Showroom
    Krueck Sexton Partners
  • The Ark, Condominiums
    Form4 Architecture
  • SFMOMA Rooftop Garden
    Jensen Architects
  • Kokoris Residence
    Jensen Architects
  • Turner Duckworth Offices
    Jensen Architects

Magazine

Daigo Ishii + Future-scape Architects によるその他のプロジェクト

2焦点ハウス、新潟、2008
新潟, 日本
新潟の自動車整備工場
新潟, 日本
武蔵小山の住宅
東京, 日本
Jigsaw
新潟, 日本
小金井の住宅
東京, 日本
天童木工 PLY
東京, 日本