名古屋トヨペット三好店ショールーム

 プロジェクト一覧に戻る

都道府県(州・省など)
愛知
2016

―車文化とコミュニティを融合するアットホームでバリアフリーな照明デザイン―

トヨタ自動車のお膝元である愛知県名古屋市郊外に、これまでとは一線を画す次世代店舗として建てられた車のショールームの照明デザイン。

トヨタホームの設計デザインチームと協力し、新しい個性的な光の在り方をコンセプトに,車文化をより親しく感じるようなアットホームでバリアフリーな空間を光で表現した。建物は車の展示スペース、商談スペースに加えキッズコーナーや喫茶コーナー、周辺地域の人達が趣味や会合で集うことができる多目的スペースを備えており、それぞれの空間で楽しみや喜び、くつろぎ、面白味などを感じる演出が可能な光の計画を行った。場面に応じて光の色を変化させることができるRGBの照明、時間による外光の変化に呼応して光の強さ、色温度を調整できるシステム照明などを設けている。それにより人のサーカディアンリズムに適した快適な光環境を提供し、人の健康にもやさしい照明となっている。

によるその他のプロジェクト Architectural Lighting Group (ALG)