豊島区役所新庁舎(としまエコミューゼタウン)

[設計]
隈研吾建築都市設計事務所
日本設計

隈研吾と日本設計の共同設計による豊島区役所と超高層マンションが同居する、日本初のマンション一体型本庁舎である。昔は根津山と呼ばれ自然が豊富にあった山を思い出す「自然と建物の共存」をコンセプトに、樹木の様なビルをイメージし、1階から10階までの外装は植栽を主とする太陽光パネルや、日射制御ルーバー、などをカーテンウォールに組み合わせた「エコヴェール」とよばれる装置が覆っている。環境配慮型の最新の建築技術によって構成された空間は、煌びやかな照明演出よりも区民が安心、安全、安定した心の健康を取り戻せるような照明デザインによって灯されおり、里山の自然や風景が仄か(ほのか)な落ち着いた光によって再生されているのが大きな特徴である。ALGは豊島区役所のランドスケープ照明及び館内の吹き抜けを中心に公共空間を5年間に及んで照明計画を行った。 又、区庁舎と高層マンションの光を区別しつつも、光によってビルの景観全体をまとめ、豊島区にとって新しい光のあり方を提案する一つの形となった。
場所
東京
日本
2015

Tags
Residential, Institutional